入門的なパソコン資格について

入門的なパソコン資格について

パソコンに関する資格のうち、入門的なパソコン資格と言われているのが「初級シスアド」試験です。

 

初級シスアド試験は、パソコンや情報システムを有効に、かつ効率的に利用する際に必要な技術や知識について問いかけるものです。

 

初級シスアド試験は「情報処理技術者試験」に分類される国家資格となります。

 

多く会社がITを活用して日々の業務を進めています。
そのため、初級シスアドを取得した人にとっての活躍の場は沢山あるようです。

 

初級シスアドは会社内でどのような役割を果たすのでしょうか。

 

パソコンやプリンタ、スキャナなどの周辺機器を設定することもあります。

 

また、社内ネットワーク環境を構築するほか、アプリケーションソフトを使用して日々の業務を効率よく進めるための仕組みを作ることもあるようです。
パソコンのトラブル対策や、セキュリティ対策なども初級シスアドの業務内容です。

 

いずれにしても、初級シスアド取得者は、パソコンに関する知識と技術を駆使して、社内の情報化を推進する役割を担うようです。

 

今ではパソコンやその周辺機器をなくして会社の業務は成り立ちません。
そのため、初級シスアドは職種や業種に関係なく、社内に必要不可欠な存在になっていると思います。

 

初級シスアドの資格を取得してしまえば、あらゆる業種の会社に就職することが可能ということでもあるのです。
初級シスアドの資格取得を目指す人が多い理由には、このような考え方があるようです。

 

ちなみに初級シスアド試験とは、「初級システムアドミニストレータ」の略です。

初級シスアドの試験内容

初級シスアドの資格試験では、具体的にどのような内容について問われるのでしょうか。

 

パソコンに関する知識さえあれば、初級シスアドの試験をクリアできる、ということではないようです。

 

初級シスアドの資格試験では、パソコンを利用するための知識だけでなく、セキュリティやネットワークに関する知識についても問われます。

 

また、システムの基本的な仕組みや、効率的な運用方法についても問われます。
パソコンとは関係ないような企業会計に関する知識や、業務内容の改善を図るための問題解決手法についても出題範囲となります。

 

初級シスアドの資格取得では、パソコンやその周辺機器、ネットワークなどを取り扱う上での幅広い知識や技術が問われる、ということを頭に入れておきましょう。

 

しかし、心配はいりません。
初級シスアドの資格試験では特定のアプリケーションソフトについて、その操作方法が問われることはありません。

 

また、プログラミングの問題が出題されるわけでありません。
そのため、これまでパソコンやシステムに関して、これまで深く携わってきていない人でも勉強しやすいことがこの資格試験と特徴となっています。

 

普段からパソコンを使用して日常業務を行っている人であれば、試験勉強次第では短期間での合格も可能であるようです。

 

初級シスアドの資格保持者の活躍の場は、今後も広がっていくことが予想されます。

 

就職や転職が目的でなくても、自己啓発の一環として初級シスアドの資格試験に挑戦してみてはどうでしょうか。