初級シスアドの評価について

入門的なパソコン資格である初級シスアドの評価

入門的なパソコン資格である初級シスアド試験は、情報処理技術者試験の1つです。

 

この資格試験は経済産業省が実施していることから、国家資格となります。
情報処理試験を受験する人は年間70万人以上にもなり、累計では1000万人を超えています。

 

国家資格試験は数多くありますが、これだけ大きな規模の国家資格試験は他にありません。
そのため、初級シスアドは他のパソコン関連資格の中でも知名度は一番です。

 

国家資格ということで、企業からの評価も高く、この資格試験を取得した社員に対して手当てを支給しているところも多いようです。

 

企業の中には、昇進するためには初級シスアドの資格を取得しなければならないところもあるようです。

 

また、初級シスアド試験は、ある特定企業の製品に関する資格ではない、という大きな特徴があります。

 

マイクロソフトやオートデスクなど、自社製品のソフトに関して、パソコン資格を認定している企業があります。

 

このような資格では、試験内容は特定企業に製品について、その使用方法や知識などをと問いかけるものとなります。

 

しかし、初級シスアドの資格試験ではパソコンやその周辺機器、ネットワークなどに関して総合的に問いかけるものとなります。

 

そのため、このパソコン資格を取得するためには、ある特定の製品に特化した知識や技術を修得するのではなく、汎用性の高い知識や技術が必要となるのです。

 

受験者や企業から高く評価される背景には、このような理由があるようです。