2種類のパソコン資格について

パソコン資格は大きく分けて2種類

パソコンに関する資格は大きく分けて2つの種類があります。

 

ベンダ資格と国家資格です。

 

ベンダ資格とは、民間の企業が自社の製品に関する知識や技術を持つ人に対して、その能力を認定するものです。

 

マイクロソフト社が認定するパソコン資格が有名でしょうか。
オートデスク社が認定するCADに関する資格も有名であると思います。

 

国家資格は名前のとおり、国家による資格試験をクリアした人に対して与えられるものです。
経済産業省が実施する試験に初級シスアド試験がありますが、この資格が一番有名でしょうか。

 

両者の違いはどこにあるのでしょうか。

 

受験者の立場から考えると、基本となる考え方を身につけたいのであれば、初級シスアドをはじめとする国家資格を取得したほうがよさそうです。

 

長期間通用する資格となると、やはり国家資格ということでしょうか。
初級シスアドに代表される国家資格試験は、基本的な考えかたを問うものです。
つまり、パソコンの技術が進歩しても変化しない普遍的な考え方が問われるのです。

 

それに対して、ベンダ資格はある製品に対してのスキルを問うものとなっています。
転職や異動などで使用するソフトが変わってしまうと、その知識や技術は使われないものとなってしまいます。

 

そのため、初級シスアドなど、パソコンに関する基本的な知識や技術を修得したのち、ベンダ資格を目指すのがいいかもしれません。

 

基礎となる土台部分を固めてから、さまざまな資格に挑戦することが一番効率的であるようです