マイクロソフト関連のパソコン資格について

マイクロソフトのパソコン資格

パソコンにおけるマイクロソフト関連のソフトは世界中に普及しています。
そのマイクロソフトが主催となって世界中で実施されている試験に「マイクロソフト オフィス ペシャリスト」というものがあります。

 

マイクロソフトは世界中で使用されており、その操作方法を世界共通の基準で判定する試験となります。

 

ワードやエクセル、パワーポイントといったマイクロソフト関連の操作方法に関する試験となります。

 

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の資格を目指す人は20歳台、30歳代が全体の8割近くを占めるといわれています。

 

就職時に有利な資格として、大学生の受験も目立つようです。
パソコンを使用したワードやエクセルなどは、ほとんどの企業で使用されているため、この資格は就職時に有利な資格であると思います。

 

また、転職や再就職を控えている人だけでなく、派遣社員として働いている人の受験も目立つようです。

 

ワードやエクセルなどは、事務職の人だけでなく、様々な職種の人に使用されているソフトであると思います。

 

どんな、職業に転職するとしても、実務経験が重視されますが、転職を希望している人の中には実務経験が少ない人もいることでしょう。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、このような人にお勧めのパソコン資格であると思います。
実務経験が少ない分、実技資格を保持しているという点をアピールポイントにしてみてはどうでしょうか。

 

この資格は就職や転職に非常に有利な資格であるといわれています。
なぜなら採用する企業側も即戦力を求めているからです。

マイクロソフトオフィシャルトレーナーについて

マイクロソフトオフィス製品の使用方法を指導する人はインストラクターですが、そのインストラクター向けの資格は「マイクロソフトオフィシャルトレーナー」と呼ばれます。

 

このマイクロソフトオフィシャルトレーナーの実技試験に「マイクロソフトオフィススペシャリスト」が採用されています。

 

つまり「マイクロソフトオフィシャルトレーナー」の資格を取得したい人は、まず「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の合格が必要となるということです。

 

ワードのトレーナー資格が欲しい人は、ワードのスペシャリストの合格が、エクセルのトレーナー資格が欲しい人は、エクセルのスペシャリストの合格が必要となります。

 

そのため、最新のバージョンが発売されるたびにパソコン教室のインストラクターが受験するようです。
また、インストラクターの人達は、仕事の幅を広げるために多くの科目(ワード、エクセル、パワーポイントなどのソフト)に挑戦していくようです。

 

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験レベルには、スペシャリストレベルとエキスパートレベルがあります。

 

スペシャリストレベルと呼ばれるクラスは「マイクロソフトオフィス」の基本的な機能を使用して、効率よく事務を行うことができるレベルとなります。

 

エキスパートレベルでは、「マイクロソフトオフィス」を使いこなし、目的や用途に応じてパソコンとソフトの環境設定ができるだけでなく、高度な機能を駆使して事務をこなすことのできるレベルです。

 

つまり、エキスパートレベルともなると、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼べるかもしれませんね。