パソコン上級者の資格について

パソコン上級者のための資格について

マイクロソフト製品に関して高い知識を持ち、高いレベルの技術試験に合格した人にはMCPという資格が贈られます。

 

この資格を持つ人はパソコン上級者に多く、MCPとは「Microsoft Certified Professional」の略です。

 

MCP資格を保持している人は、プログラマーやトレーナー、システムエンジニアやシステムインテグレータなどの職業に就く人が多いようです。

 

日常パソコンを使用して仕事をしている人が目指す資格であると言えるでしょう。

 

MCPはMCPプログラム(マイクロソフト認定技術資格制度)をクリアすることによって取得することができます。
MCPプログラムは日本やアメリカをはじめとして、世界中どこでも実施されています。

 

試験問題はアメリカで作成されるようですが、その試験問題は各国の言葉に翻訳されます。
世界共通の試験であるため、世界中どこで受験しても同じ基準であり、難易度も同じとなります。

 

そのため、この資格を持っていれば世界的に通用するということでもあるのです。

 

試験方法はペーパテストではなく、試験会場に用意されたパソコン端末による実技試験となります。
そのため、試験勉強も異なってきます。

 

テキストの暗記だけではこの資格を得ることはできず、パソコンによる実習と演習を繰り返す必要があります。

 

MCP資格には10種類以上の認定資格があり、資格によって認定条件や試験科目が異なってきます。

 

複数のMCP資格を取得することによって、さらに上位の資格(MCSAやMCSEなど)を得ることもできるようです。
能力の向上に応じて、様々な資格が用意されています。