WebデザインとWeb製作について

Webデザインに必要なスキル

パソコンを使用したWebデザインには、色彩などデザインに関する知識だけでなく、いろいろな知識が必要になってきます。

 

Webページのレイアウトや配色だけでなく、ボタンの形状やレイアウト、配置方法など使いやすさに直接関係する事項を一定のルールからはみ出すことなく考えていかなくてはなりません。

 

プログラムやHTMLのコーディングなどを考えながらデザインする必要もあるようです。

 

これらのことを考えるとWebデザインにはデザインに関する知識と技術に加え、創造性なども必要となってくるようです。

 

Webデザインと似たような言葉にWebプログラミングというものもあります。
Webプログラミングでは、Javaなどの言語を駆使してWebページをデザインしていきます。

 

掲示板やメール送信などの簡単なものから、インターネットショッピングや会員制のシステムなどの複雑なシステムなどを作り上げます。

 

WebプログラミングとWebデザインの両方の技術と知識を身につけた人は、Webプロデューサーとも呼ばれ、Webページの製作をコーディネートしていくようです。

 

最近では多くの会社が自社のホームページを持っています。
そして、これらの会社の多くはホームページの製作を外部に委託しているのが現状です。

 

これらの傾向はますます強まっていくことが予想されますので、WebデザインやWebプログラミングの知識と技術を持つ人材は貴重な存在になっていくはずです。

 

パソコンを使用して仕事をしていくのであればWeb製作はどうでしょうか。
Web関連の資格取得を通じて、知識を習得してみましょう。
しかし、Webデザインの世界では、資格を持っているだけでは役に立たないようです。

Web関連の資格とWEBデザインとの関係

マイクロソフト製品関連の資格など、パソコンを使用する資格の場合、その資格を持たないと仕事を回してもらえなかったり、就職や転職に際して有利にならなかったりします。

 

しかし、Webデザインの場合はどうでしょうか。

 

Webデザインの世界では、Web関連の資格はあまり関係がないようです。
Web関連の資格を持っているからといって良いデザインができるということにならないからです。

 

Webに関する資格試験はさまざまものがありますが、転職や就職に有利になることはないようです。

 

では、Webの世界ではどのような方法で自分をアピールしていくのでしょうか。

 

これは、自分の作った作品でアピールしていくようです。
使いやすさ、見栄え、使用している技術など、Webページを見るとその実力は判断できるようです。

 

ソフトウェアを使用して簡単に製作したのか、または細かいところまで意識して自分で書き込んで製作したのかなど、ある程度のレベルの人が見れば分かるようです。

 

パソコンを使用してWebデザインをしたい時は、資格取得を目指すのではなく資格取得を通じて自分の能力をアップすると考えたほうがいいようです。

 

Webデザインはパソコンがあればすぐにでも始めることができます。
そして、インターネットがこれだけ普及した現在では、Webデザインに関する知識を持っている人は重宝されることでしょう。

 

Web関連の資格取得を機会として、Webに関する知識と技術を吸収してもてはどうでしょうか。

 

また、Webに関する技術の進歩の速さは非常に速いものとなっていますので、普段からアンテナを広く張り、新しい技術を吸収することも必要です。