CAD利用技術者試験について

CAD利用技術者試験について

パソコンを使用したCAD関連の資格に「CAD利用技術者試験」というものがあります。
CADに関係する資格のうち、最もポピュラーな資格が「CAD利用技術者試験」であると思います。

 

CAD利用技術者試験は平成2年に始まって以来、毎年数万人の人が受験する試験です。
CAD利用技術者試験には1級と2級があり、1級の試験は実技試験で、2級の試験は筆記試験となっています。

 

CADシステムは多くの企業が採用していることから、CADを扱う人も工学系の勉強をしてきた人ばかりではないようです。
そのため、実際にCADシステムを操作している人の割合が非常に高いのが、この試験の特徴であると思います。

 

大学生や専門学校生が、勉強してきた証拠として2級のCAD利用技術者試験を受験するというケースもあるようです。
1級は実際にCADシステムを扱うようになってから受験してみてはどうでしょうか。

 

気になる合格率ですが、2級では4割ほど、1級で2割ほどです。
やはり1級ともなると難しくなるようです。

 

多くの人が1級に合格するために1年間くらい前から勉強して準備を進めています。
2級であっても半年くらいの期間は必要であるといわれています。

 

社会人は大学生や専門学校生と違い、パソコンはあっても資格取得のために勉強する時間が無いというひとは多いと思います。

 

資格の取得のために時間を上手に捻出する必要もありますので、半年から1年くらいの準備期間が必要ということでしょうか。

CAD利用技術者試験の出題内容

CAD利用技術者試験の資格には2級と1級がありますが、出題内容はどのようになっているのでしょうか。

 

2級の試験範囲はCADシステムの基本知識が問われます。

 

2次元や3次元といったCADシステムの基本用語以外にCADコマンドの使用方法などを正しく理解していることも必要です。
ハードウェアやソフトウェアなど、パソコンの基本知識に関しても問われるようです。

 

また、パソコンに関する知識だけでなく、製図に関する知識も当然のように問われます。
図面の見方や用語など、JIS規格に基づく製図の知識を吸収しておくことが必要であると思います。

 

さらに知的財産保護や情報セキュリティに関することなど、CADシステムの周辺知識などについても出題範囲に含まれます。

 

1級の出題範囲は、実務に基づくものになっています。

 

各種条件を設定され、その条件に基づいて実際に作図する能力が必要となってきます。
また、文章によって提示されたことを図面化する能力も必要です。

 

トレースなどの技術も必要となってくることから、1級の資格を取得するためには、2級とは比べ物にならないほどの準備期間が必要となってきます。

 

そのため、1級のCAD利用技術者試験をクリアした人は、実務に対応できる即戦力として職につくことが可能であるようです。
CAD関係の転職や就職を考えている人は、ぜひ1級の資格取得を目指してください。

 

また、3次元のCADに関する資格もあります。

 

これは平成15年から始まった「3次元CAD利用技術者」と呼ばれるもので転職や就職時の需要も多いものとなっているようです。