CAD関係のパソコン資格取得について

CADとは

CADシステムとはパソコンを使用して図面を書くシステムのことをいいます。
CADとは「Computer Aided Design」の略で、パソコンなどコンピューターの力を借りてデザインをする、といったところでしょうか。

 

CADはさまざまな分野で使用されています。
自動車分野や機械、電気、造船、土木建築など様々な分野で使用されています。

 

CADの種類は大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類があります。

 

汎用CADとはどの分野にも使用可能なCADのことで「Auto Cad」が代表的なCADといえるでしょう。

 

また、服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成など、ある一部の専門分野に特化した機能を持つCADを「専用CAD」と呼びます。

 

以前の設計では製図用の紙に専用のペンを使用して設計を行っていました。
現在では製図台はパソコンに変わり、専用のペンはマウスに変わってしまいました。

 

CADの担当者にはどのような能力が求められるのでしょうか。

 

たとえば、機械関係や土木建築関係のCADオペレータは、単に円を描いたり、線を描いたりという能力を習得するだけでは不十分です。

 

既存の図面の意図するところを読み取る能力や、設計者が描いたスケッチを図面化する能力も求められます。

 

一方で、専門分野では設計者自らがCADを駆使して図面を描くことも多いようです。
設計者にとっても、より優れた設計をするためには、CADを使いこなすことも必要になってきます。

 

CADに関する資格も沢山あります。
これらの資格を取得すると、転職や就職に有利となるようですので、現在CADに携わっている人だけでなく、今後CAD分野の仕事をしたい人も積極的にチャレンジしてみましょう。

なくてはならないCAD資格

CADシステムは最近では非常に高機能となっています。
パソコンの中だけで図面を描くだけではありません。

 

パソコンは多くの場合インターネットやLANに接続されていますので、これらのネットワークを利用してデータを共有することも可能となってきました。

 

例えば、航空宇宙産業などの場合、国際的な分業が進み、CADデータの交換や図面データの添付などは日茶飯事に行われているようです。

 

また、3次元CADなども広く利用されるようになりました。
アメリカのボーイング社などは、航空機の設計において3次元CADを駆使して設計しているようです。

 

CADは建築関係や機械関係の企業では必須アイテムとして、なくてはならないものになっています。
そのため、求人も多いといわれています。

 

このような分野の産業は景気の動向に大きく左右される分野ですが、最近の景気回復に伴って求人も増加しているようです。

 

さらに今後、中小企業や小さな建築事務所なども、より多くのCADシステムを導入していくことが予想されるため、次第に求人も増加していくと思われます。

 

このような分野に就職や転職をしたいのであれば、CADの資格を持っていることは非常に有利であると思われます。

 

CADでは、異なるソフト同士でのデータのやりとりが容易に行えません。
そのため、たった一つの汎用CADの利用方法をマスターするのではなく、他のソフトの操作方法もマスターしたいものです。

 

資格の取得を通して、他のソフトの利用方法をマスターするのはどうでしょうか。