DTP検定について

DTP検定について

DTPに関する資格のうち、日本経営協会が主催する資格試験は「DTP検定」です。

 

DTPとは「Desktop Publishing」の略で、パソコン上で印刷物のデザインを行うことを指します。

 

同じようなDTPに関する資格として「DTPエキスパート」と呼ばれる資格があります。

 

DTP検定とDTPエキスパートの大きな違いは、DTPエキスパートが印刷関係の資格であるのに対し、DTP検定は全業種を対象としている所にあります。

 

DTP検定は大きく分けて3つに分かれています。

 

まずプロフェッショナルDTPという資格があります。

 

この資格は編集者やデザイナー、オペレータなどDTPのスペシャリストを対象とした資格となっています。

 

このような職種の人は、日常の業務においてパソコンを使用して雑誌やカタログ、パンプレットなどのレイアウトをデザインしたり、印刷データを作成したり、という仕事をしています。

 

レイアウトの方法には縦組みや横組みなどがありますが、これらに制限されることなく自由にレイアウトできる能力が求められます。

 

また、写真データのスキャニングする技術や、スキャニング後の色調補正の技術、図版の作成力なども高いレベルで求められるようです。
効率よくデザインするためにソフトを上手に使いこなす技術も必要です。

 

DTPプロフェッショナルはこのような技術や知識を持つプロと言っていいでしょう。

 

そのため、DTPプロフェッショナルを受験するためには、実務経験が2年以上であることが必要となってきます。
もしくはDTP検定のうち下位クラスの検定の資格を取得していることが受験条件となります

ディレクションDTPについて

パソコン上で印刷物のデザインを行うスキルに対する資格にプロフェッショナルDTPというものがありますが、プロフェッショナルDTPの下位に「ディレクションDTP」という資格があります。

 

ディレクションDTPという資格は、パソコンで印刷物などのデザインの編集をおこなう編集者、または企業の広報担当などを対象とした資格です。

 

ディレクションは監督や指揮という意味ですので、ディレクションDTPは様々な印刷物のデザイン構成などを的確に監督したり、指揮したりする能力が問われます。

 

実際に印刷物を作る際は、多くの工程に分かれます。
原稿や各種データの作成依頼、データ出力や納品後の修正、印刷物の発注などその工程はさまざまです。

 

そのため、これらの工程を指揮、監督し、全体をコントロールできる人が必要となってくるのです。

 

具体的には印刷物の企画段階から参画し、制作スタッフに的確な指示をしながら紙面構成を決定します。
そしてレイアウト決定後、原稿を発注します。
仕上がった原稿に対して確認を行い、印刷の発注までを行います。

 

DTPマネジメント資格の試験は、細分化された工程をマネジメントし、印刷物を確実に仕上げるまでの業務が対象となります。

 

ディレクションDTPは、このようなDTPワーク全体をマネジメントできる能力が問われることから、印刷物の編集者や広報担当の職種に就いている人に向いている資格となります。

 

プロフェッショナルDTPの受験資格の1つにディレクションDTP保持者というものがあります。
最終的にプロフェッショナルDTPの資格が欲しい人は、ぜひこの資格にチャレンジしてみましょう。