栄養士養成施設進路別選択ポイントについて

栄養士養成施設の進路別選択ポイント

4年制大学(栄養学部系)

 

4年制大学(栄養学部系)は、次に述べる家政学部食物学系に比べて数も少なく、カリキュラムも理科系に近く、かなりハイレベルになります。

 

これらの大学では栄養学の本格的な教育が目標となっており、栄養学をしっかり身につけ栄養士の業務に役立てたい人、栄養士として教育や研究の分野に進もうと考えている人は、このタイプの学校を選ぶとよいでしょう。

 

4年制大学(家政学部食物学系)

 

4年制大学(家政学部食物学系)では、家庭および一般社会での人々の生活をおもに自然科学・人文化学の分野から研究し、生活や文化の向上と発展に寄与しようとする学問になります。

 

これは、栄養学を通して、必要な科学的知識と教養を身につけようと考える人、あるいは家庭内や社会での食生活の指導者になろうとする人に向いていると言えます。

 

短期大学

 

短期大学では、正しい食生活を通じて、より発展的な社会生活・家庭生活を営むことができる人間の育成をめざすことが、志のようです。

 

短期大学の特色は、2年、3年という短期間で幅広い知識と技術を身につけることができます。

 

しかし、反面して「深み」を欠くことになり、就職の際、研究機関など深い専門知識が必要とされる分野には不向きと判断される場合があります。

 

また病院や保健所など、これからますますレベルアップが求められる領域も不向きな場合があり、栄養士以外の職種に就職する人が多いのも特徴のようです。

 

専門学校

 

専門学校は、一部で3年制がありますが、ほとんどが2年制のようです。
専門学校の特色は、栄養学を学ぶというより、栄養士にとって必要で実践的な知識と技術を短時間で徹底的に学べる点です。

 

ですので、教育・研究の分野や行政機関よりも、栄養士として給食施設などで働いてみたいと考える人に向いていると言えます。
授業も集団調理を中心とした実践的な内容になっています。

 

学校説明会に参加する

 

学校説明会や学校見学を行っている学校もあり、資料やパンフレットだけではわかりにくいことでも、実際に説明されると理解が深まります。

 

説明会の内容は学校によって異なりますが、調理実習に参加できるというところもあるようです。
その学校の雰囲気などを直接つかめるよい機会なので、ぜひ足を運んでみましょう。

 

また、その際には、必ず事前に資料を読んでおくことが重要です。
ある程度予習しておくと、資料を読んでわかりにくかったところを質問することができ、聞くべき、見るべきポイントがはっきりします。

 

卒業生・在校生に聞く

 

卒業生・在校生に実際に話を聞くこともひとつのポイントになります。

 

当然のことながら、学校側の案内パンフレットや資料には、その学校のよいところしか書いてありません。

 

その学校の卒業生や在校生に知り合いがいたら、ぜひ会って話を聞かせてもらってください。

 

そこで学んでいる人の生の声を聞くことができるので、もっとも現実に近い話を聞かせてもらえるのではないかと思われます。