栄養士資格の関連資格

栄養士養成校在学中に取得できる資格

栄養士養成校在学中に取得できる資格には、フードスペシャリスト・食品衛生管理者・食品衛生監視員、衛生検査技師、臨床検査技師などがあります。

 

食品衛生管理者とは、衛生上の配慮が必要な食品や添加物の製造・加工をしている工場などの監督・指導の業務をする人のことです。

 

衛生検査技師とは、病院などで、医師の指導のもとに微生物学的検査、血清学的検査など6種類の検査をし、診断や治療の基礎となるデータを作成して、提供する人のことです。

 

その他「食」の資格以外にも、短大・大学などで必要な単位を取れば、教職員免許も取得できます。

 

直接栄養士の仕事につながる訳ではありませんが、学校で得た栄養学の知識を生かし、中学校や高等学校などの教師になることができます。

栄養士に関係がある役立つ資格

栄養士が医療関係で役立つ資格

 

医療関係で役立つ資格には、日本糖尿病療養指導士、健康運動指導士などがあります。

 

日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導に対する専門的な知識を持ち、医師の指示のもと、患者に適した療養指導を行うことのできる民間の資格です。

 

健康運動指導士とは、運動生理学や医学的知識をもとに、相談者の健康維持・増進のために必要とする運動・栄養管理プログラムを作り指導する人のことです。

 

栄養士が福祉関係で役立つ資格

 

福祉関係で役立つ資格には、介護支援専門員(ケアマネージャー)、訪問介護員(ホームヘルパー)、介護食士などがあります。

 

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは、要介護認定のための訪問調査をし、介護サービス計画の作成、サービス給付後の再評価を行ったり、要介護者が適切な居宅・施設サービスを利用できるよう介護保険施設などとの連絡を取ったりする人のことです。

 

訪問介護員(ホームヘルパー)とは高齢者や、心身に障害のある人の自宅を訪れ、介護や家事の援助を行う人のことです。

 

介護食士とは、主に要介護者向けの食事、高齢者・障害者の心理、医学的基礎知識などを習得した者が与えられる資格です。

 

1級〜3級がありますが、1級・2級の受講資格には、栄養士や調理師などの資格と実務経験が必要となります。

 

その他、栄養士に役立つ資格

 

その他のところでは、フードコーディネ−ター、食生活アドバイザー、消費生活アドバイザー、プランナーなどが挙げられます。

 

フードコーディネ−ターとは、メニューの企画、食品会社の商品開発、料理教室の講師など、「食」に対するビジネスで活動する専門家のことです。

 

食生活アドバイザーとは、栄養、食品の生産・加工、食習慣、食文化などいろいろな知識を持ち指導し、アドバイスをする人のことです。

 

消費生活アドバイザーとは、企業と消費者の間に入り、消費者からの苦情や意見を取り入れ、商品企画やサービスなどに努める人のことです。

 

プランナーとは、食品業界で商品開発や広告企画制作・レストランプロデュース・メニュー開発などを手がけています。

 

また、出版や放送をメインの舞台に、栄養・健康をテーマとした書類の企画や編集、料理番組の企画・構成をし、ときには出演して発言したりすることもあります。