栄養士の歴史、キャリアアップについて

栄養士の歴史

栄養士の誕生は、なんと日本に世界初の栄養士養成施設が、1925年(大正14年)に設立され、栄養学の創始者として有名な「佐伯ただす博士」が設立した「栄養学校」がそれです。

 

そして、翌1926年(大正15年)にこの学校の第1回卒業生15名が「栄養手」と呼ばれて、世に出たのが始まりです。

 

栄養士の歴史は、昭和の時代に入って日本は戦争に突入し、軍隊や軍需工場のための大規模な給食施設が増加したり、保健所制度が充実してきたこともあって、1933年(昭和8年)頃から「家庭食養研究会」「食糧学校」などの栄養士養成施設が誕生したのもこの頃になります。

 

そして、敗戦後の少ない食糧を有効利用する方法を提案したり、国民栄養調査を実施したりするなど、栄養士の活躍は急速的に広がりました。

 

第二次世界大戦中から戦後まで続いた深刻な食糧不足により、人々は栄養失調に苦しんでいました。

 

この国民の栄養状態を改善するために新憲法(日本国憲法)のもと、1947年(昭和22年)に「栄養士法」が制定され、国家資格としての栄養士が誕生しました。

 

また、栄養士よりもさらに専門的な知識や技術を持つスペシャリストも必要とされ、1962年(昭和37年)には、管理栄養士という資格が誕生しました。

栄養士の未来

栄養士は、国が指定した施設で専門的な知識・技能を身につけたことを証明する国家資格です。

 

栄養士の未来が明るいというのは、私たちの生活に欠くことのできない「食」と直接かかわりを持つ仕事ですから、今後も活躍の場は増えることは間違いないのです。

 

現代社会においては、人々の健康への関心は益々高くなってきています。

 

「食」を通しての健康作りをアドバイス・指導する分野の栄養士の仕事は、ますます需要が高まってくることが予想されます。

 

また、高齢化に対応した高齢者向け施設や、在宅訪問栄養指導などの仕事も今後注目されていくことは間違いないところだと思われます。

 

栄養士からキャリアアップ

 

栄養士免許取得後、栄養士として一定期間実務を経験すれば、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。

 

これは、とりあえず現場に出て学んでからキャリアアップを考えたい人や、栄養士として勤務しているうちに、ワンランク上の管理栄養士として就職に就きたいと考えた人が、管理栄養士養成施設に入りなおさなくても、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができる制度なのです。