栄養士に向く人

栄養士に向いている人

栄養士に向いている人は、どのような人なのでしょうか。
それは、人間への興味がある人です。

 

栄養士として働くなかで、食べてもらう相手は健康な大人であったり、小学生だったり、赤ちゃんだったり、あるいは病人やお年寄りだったりさまざまなので、相手の健康を気遣って体調を把握し、食べ物の好みやライフスタイルにまで気をくばる必要があるからです。

 

栄養指導などをする場合でも、各個人の健康状態や生活環境にあった最適な方法を提案したり、それを相手にわかりやすく説明したりすることは、結局相手の身になって考えられる思いやりの気持ちが必要なのです。

 

たとえば訪問栄養指導に限らず、在宅介護関係の仕事に関わる人なら、どんなに知識や技術をもっていても、最終的には人間性が重要になってきます。

 

ほんとうにその人のことを支援できるか、というところが、いちばん大切になってくるからです。
病院であれば患者さんのために、学校であれば子供たちのために、というように、自分の知識を生かし役立てて、初めて仕事として成り立つのです。

 

病院の患者に対して、保健所へ訪れる人々に対して、スポーツ施設に通う人々に対してなど、栄養指導の場では、相手のライフスタイルや生活習慣など、必要な情報を上手に聞き出す能力、また指導内容を相手に明確にわかりやすく説明する話上手な能力が不可欠になります。

 

栄養士は食の専門家

 

いうまでもなく、栄養士は「食」の専門家なので、食べることが好きな人は栄養士に向いているといえるでしょう。

 

食べることに興味を持たない人が、毎日のように食事や栄養について考えたり、食べ物に接しながら仕事をするのは難しいのは当たり前です。

 

しかし、単に食べるだけでなく、調理が好きであったり、食べることが人間の健康にどのように影響していくのか、また食べることを楽しめるようにするにはどうしたらよいのか、などということまで興味が持てるようになると一層よいのではないでしょうか。

 

また、人と接するのが好きな人は、栄養士に向いていると言えるでしょう。

 

栄養士の仕事といってもさまざまな仕事があるのは説明のとおりですが、ほとんどの場合、周囲の人とのコミュニケーションを取りながら仕事を進めて行くことになると思います。

 

たとえば、給食施設では調理を指導したり共同で作業することが必要になりますし、病院では、医師の指示に基づいた献立を考えたりします。

 

保健所なら医師や保健師など、ほかの専門スタッフと連携を取りながら「食」についてのイベントを企画したりします。

 

このように、周囲の人とのコミュニケーション力は、栄養士の仕事にはとても大事なことと言えるでしょう。