栄養士・管理栄養士の業務・収入について

栄養士・管理栄養士の業務

栄養士の業務

 

栄養士の業務には、市町村による生活習慣の改善などに関する栄養相談、集団給食施設での栄養管理・栄養指導などがあります。

 

また、1回100食以上、1日250食以上の食事を供給する給食施設には、栄養士の資格を有するものが業務にあたらなければなりません。

 

管理栄養士の業務

 

管理栄養士の業務には、都道府県、保健所を設置する市・特別区での専門的な栄養指導があり、病院や老人保健施設などにおいては、個人に合わせた専門的な栄養管理・栄養指導があります。

 

管理栄養士の業務には、医学的な食事管理を必要とするものに1回300食以上、または1日750食以上の食事を供給する集団施設や、1回500食以上、または1日1500食以上の食事を供給する集団施設には、管理栄養士の資格を有するものが業務にあたらなければなりません。

 

また栄養の改善を科学的に図るための栄養指導の方針や具体的方策を設定したり、栄養状態を把握するための科学的研究の方法を考えることが、管理栄養士としての業務になります。

 

全体的な業務の調整や他の分野との調整、そして特に高度の専門知識を必要にする業務を行うことで、業務の実績や効果を医学的見地や栄養学から、科学的に判定するとともに統計的に処理するなど、後の事業の企画に役立てられるようにまとめることも、管理栄養士としての業務になります。

 

管理栄養士は、日頃から関連機関や関連業務との連絡を円滑にさせること、また労務管理や経営管理などの基本方針の決定に、栄養指導の立場から関わること、栄養に関する教育研究を行うこと、栄養教育などの難しい栄養指導・栄養管理業務を行うことなどが、必要な業務となってきます。

栄養士・管理栄養士の収入

栄養士や管理栄養士の収入は、就職先の給与体系によって異なりますが、ただ栄養士の就職先は学校や病院など公共性の高い施設が多く、条件が良いところがあります。

 

一般企業の場合でも、栄養士を必要とする給食施設をもっているのは、ある程度規模が大きいといえるので、一般的には安定した職場が多いといえそうです。

 

公立の学校や病院・保健所などの行政機関で働く栄養士には、地方公務員に準じた給与が支払われます。

 

民間の企業の場合では、会社ごとにかなり異なりますが、短大を卒業し栄養士として就職した場合には初任給で16〜17万円、大学を卒業していれば18〜20万円くらいが一般的のようです。

 

また、会社によって、栄養士や管理栄養士の資格手当てとして、5,000円〜2万円程度プラスされることもあります。

 

さらに管理栄養士は、栄養士よりもワンランク上の資格ですので、栄養士よりも高度な知識・技術を必要とする仕事を任されたとき、それにともなって給与にも差が出てくる可能性はあります。