栄養士と管理栄養士の違いについて

栄養士と管理栄養士の違い

栄養士と管理栄養士の違いは、管理栄養士は、栄養士よりもワンランク上の国家試験で、栄養士に比べ、より高度な専門知識と技術が必要とされることです。

 

たとえば、栄養士について定めた「栄養士法」という法律には、栄養士の行う栄養指導業務のうち「複雑困難なもの」を行うのが管理栄養士だと書かれています。

 

栄養士と管理栄養士の職場での区別ですが、まったく同じ仕事内容でも管理栄養士だけに資格手当てが付き、わずかですが給料に差があったりします。

 

実際の仕事場では、どちらが担当すべきか判断しにくいものがあったり、仕事量と人員の都合で仕事を分けることができないなどの理由で、栄養士と管理栄養士の仕事の区別がはっきりしていない職場が多いのが現状ともいえます。

 

病院や行政関係などでは、栄養士と管理栄養士の仕事をしっかり分けていることが多いようです。

 

では、栄養士と管理栄養士、どちらが栄養士いいのでしょう?

 

それは、社会的な地位が高いという意味で言うなら、やはり管理栄養士のほうが社会的な地位が高いと言えます。

 

しかし、管理栄養士は、予算や人事関係にもタッチしたり、管理的な業務もしなければならないのでなかなか大変な仕事です。

 

よって、毎日の給食などを通じて、それを食べてくれる人の役に立ちたい、喜んでもらいたいという人は、栄養士としての道を選ぶのがベターではないでしょうか。

 

 

栄養士と管理栄養士では、どちらが得をするのでしょう?

 

社会的な地位が高いのは管理栄養士になりますが、予算や人事関係、他の分野の人との情報交換など、管理栄養士の仕事は結構ハードです。

 

管理栄養士は、いずれ指導的な立場に立って全体をまとめたり、企画力を発揮して栄養に関する事業を推進するなどの、責任を任されることをやりがいに感じる人は、初めから管理栄養士をめざして勉強することがおすすめです。

 

栄養士、管理栄養士の就職状況をみてみますと、栄養士養成施設より管理栄養士養成施設を卒業しているほうが一見就職に有利だと思われがちです。

 

しかし、管理栄養士養成施設を卒業した人(または卒業見込みの人)しか採用しないというところは一部ありますが、意外と数少ないです。

 

資格や養成施設にこだわらず、優秀な人物、やる気がある人物なら採用したいという会社が多いようです。

 

これからは栄養士に求められる能力や技術がどんどん高くなり、管理栄養士資格が今よりもっと必要とされるようになるという可能性は高いと言えるでしょう。

 

 

栄養士、管理栄養士は、私たちの生活に欠かすことのできない「食」についての専門家で、幅広い分野で活躍できる大きな可能性を持っているのです。

 

世の中は就職難の時代で、待っているだけでは自分の希望条件に合った就職先はなかなかめぐり合えません。

 

また、栄養士の場合、各職場に栄養士は2〜3人、少ないところでは1人というような職場もあります。

 

毎年必ず求人が出るという状況ではないところも多く、情報が伝わりにくいということもあります。